美白ケア用品の中には刺激が強いものもあります。敏感肌や、一時的に肌が弱っている状態の人が使うと、美肌を目指すどころか肌荒れを起こしたり、悪化させたりしてしまうかもしれません。まずは肌の健康を第一に考えることから始めていきましょう。

■敏感肌の人
敏感肌を自覚している人は、化粧品には普段から気をつけていることでしょう。合わない化粧品を使うと、赤くなってヒリヒリしたり、乾燥やニキビを誘発したりしてしまいます。含まれている成分や使用感を重視しながら、自分に合う化粧品を探す必要があります。

美白クリームなどの美白ケア用品の中には刺激が強いものがあります。肌が弱った状態でそれを使うと肌荒れを起こしてしまいます。過去に肌荒れを起こしたり、合わないと感じた化粧品にどのような成分が含まれていたのかを確認しておくといいです。今後の化粧品選びの参考になります。

■化粧品だけに頼らない
肌によって化粧品は大切ですが、肌を作っているのは食べ物です。自分が食べる物にも十分に気を付けるようにしましょう。栄養が足りているかや、肌荒れを悪化させたり、肌に良くないと言われている食べ物を食べていないかどうかなど、気をつけることはたくさんあります。

血行を良くしたり、睡眠時間を整えたりすることも美肌づくりのための基本です。本気で美肌を目指すなら、化粧品だけにたよらずに、生活習慣から見直して総合的な肌ケアをしていきましょう。

■肌の健康
いつも使っている化粧品が急に合わないと感じるようになったり、今まで刺激になっていた化粧品を使ってもトラブルを起こさなくなることもあります。肌の健康状態によって、化粧品の効きが変わってきます。まずは肌を健康に保つことを第一に行いましょう。