今では美白クリームも進化を遂げ、さまざまな成分が含まれるようになりました。その中でも、近年注目されている成分があります。「ハイドロキノン」という成分なのですが、耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に、美白クリームを使用したいという方の中にはハイドロキノンについて知りたいという方もまたおいでのことでしょう。

そこで今回は成分や副作用などについても見ていきましょう。

■皮膚科でも使用されている成分
ハイドロキノンとは、シミやくすみの原因ともなるメラニン色素の産生を抑制する効果があるといわれています。また、そればかりではなく、メラニン色素をつくる細胞そのものも減少させる成分とも言われているのです。美白クリームにみられる「漂白作用」とはこの成分のことをさしていることが多いでしょう。

■予防から改善まで
美白クリームの基本的なスタンスとしては予防をしたり悪い状態にさせないというものがあります。しかし、ハイドロキノンは上記の効果ばかりではなく、皮膚に沈着した色素にまで働きかけることが出来るといわれているのです。このことから、多くの方に注目をさせているものともなっています。

近年のトランサミンカプセルなどの美白クリーム成分で注目を集めているハイドロキノン

■化粧品としてのハイドロキノン
ハイドロキノンは治療薬として使用されてきました。そのことから、化粧品として含有して問題がないのか?と心配される場合もあるでしょう。確かに、過去においてはハイドロキノンは「医師の管理下」のみでの使用が許させた成分でもあったのです。

宣伝★トランサミンカプセルの海外から通販・個人輸入なら任せてTOP http://www.ntp-k.org/medicine/skin/transamin.html

しかし、2001年の薬事法の規制緩和によって化粧品にも含有できるようになったのです。ですから、含有された美白クリームもまた安心して使用していただけるということが言えるのです。

■濃度と作用
では次に、含有濃度などについても見ていきましょう。まずはハイドロキノンが1%~3%の場合、刺激性が少なく「安全性の高い配合濃度」とされています。ですから、比較的に幅広いかたがたに取り入れていただける濃度ともいえるでしょう。しかしながら、即効性という部分においてはやはり低くなってしまうかと思います。

次に、4%~5%の濃度については「高い」という基準値になります。人によっては、肌に刺激を感じこともあるでしょう。ですから、高濃度のハイドロキノン美白クリームを使用される際には、必ずパッチテストを行っていただくことをおすすめしたいと思います。

■注意点などについて
良い側面があれば何事も悪い面・注意すべき側面というものもあるものです。ハイドロキノンにおいても同じことが言えるでしょう。注意すべき点としてはまずは「赤みや炎症」です。肌に刺激となってこうした症状が出てしまうというケースもあるのです。

特に敏感肌・アレルギー体質だという方は注意しましょう。万が一、炎症などが起こってしまいなかなか治らないという場合には、皮膚科医に相談をされることもおすすめします。

■高濃度のハイドロキノンを使用する場合
一般的な美白クリームでは考えにくいのですが、高濃度ハイドロキノンの使用を長期間行うことにって白班が出る可能性もありますので注意しましょう。4%以下のハイドロキノンであれば白班はおきにくいともされていますからそうした製品を選ぶのも良いでしょう。

■注目の成分
ハイドロキノンは多くの人々から注目を集めている成分です。美白クリームを使用したいという方・シミなどにしっかりとアプローチをしたいなどという方はこのハイドロキノンについて認識をしてみるのも良いでしょう。